理想のキッチンを作ろう!キッチンリフォームの完全ガイド

キッチンリフォームの工程を知ろう!

プランニングから契約までの流れ

まず始めに、リフォーム会社の担当者とキッチンリフォームのプランを練ります。
その際は事前に、今のキッチンのおおまかな寸法やレイアウトが分かる図面や写真などを準備しましょう。
その資料を基に、担当者は要望を聞き取りながら、リフォームプランを作成していきます。

次に、現場調査が行われます。
担当者がご自宅を訪れ、キッチンの細かな寸法の計測、給排水管やガスの配管、電気配線の位置確認を行います。
そして、作成したリフォームプランが実現可能か検討し、打ち合わせを行います。

その後、現場調査と打ち合わせの内容を踏まえて、図面や細かな仕様が記載された最終プランと見積もりが作成されます。
その内容に問題がなければ、契約の運びとなります。

リフォーム工事開始から完成までは?

次に、キッチンリフォームの工事の工程をみていきましょう。

まず最初に養生が行われます。
養生とは、工事中に起きる傷や汚れから床や壁などを保護するために、クッション性の高いシートやパネルを貼る作業のことです。
次に解体工事が行われます。
解体工事では、キッチン上部の吊り戸棚やレンジフードから外され、次に給排水管やガスの配管を外し、コンロやシンクを外し、最後に残りのキャビネット類を取り外します
そして、給排水やガスの配管、電気配線の接続工事が行われます。
それが済んだら、次は新しい壁の下地を作る工事が行われ、その後、ついに新しいキッチンの取り付けが行われます。
その後は、壁紙やキッチンパネルを貼る内装工事があり、それが完了すると、リフォーム完成となります。

キッチンリフォームの工事開始から完成までは、取り付けるキッチンの種類にもよりますが、おおよそ1週間~10日前後かかると言われています。


TOPへ戻る