理想のキッチンを作ろう!キッチンリフォームの完全ガイド

キッチンリフォーム、みんなはどこをやっている?

手始めにキッチンの種類を押さえよう!

キッチンには大きく分けて対面キッチンと壁付キッチンの2つがあります。

対面キッチンとは、キッチンがダイニングと対面する形で設置されているものです。
キッチンで作業している時もダイニングが見渡せるので、他の家族とコミュニケーションがとりやすく、特に小さなお子様がいる場合は、お子様の様子を見ながら作業ができるので、今人気のタイプです。
対面キッチンには、キッチンと壁が全く接していないアイランド型、キッチンの片側だけが壁と接しているペニンシュラ型、コンロからシンクまでが一直線上に並んでいるI型、コンロとシンクがL字型に並んでいるL型などがあります。

壁付キッチンとは、キッチンの正面が部屋の壁にぴったりとくっついているキッチンです。
そのためリビングダイニングとの境目がないので、部屋をより広く使うことができるため、部屋の広さに制限がある時によく使われます。

使いやすいキッチンとは?

キッチンリフォームを行う際、知っておきたいのが使いやすいキッチンの作り方です。

まず、調理の流れを意識しましょう。
冷蔵庫から食材を取る・洗う・加熱調理する・配膳する・食事する・片づける、という一連の流れを考えながら、レイアウトを考えていきます。

そして、キッチン内の動線にも注意しましょう。
一般的に、シンク・調理スペース・冷蔵庫の3点を線で結んでできる三角形が、正三角形に近いほど作業効率が上がると言われています。

また、キッチンの寸法にも気を付けたいところです。
キッチンの高さは、主に調理する方の身長÷2+5cmが理想の高さだと考えられています。
さらに理想的なキッチンの通路幅は、1人で使用する場合だと90~110cm、2人で使用する場合だと120cm以上必要になります。


TOPへ戻る